製品情報

NETIS登録製品

東日本事業グループ 取扱商品一覧

※当社はユニセフ・マンスリーサポートプログラムに参加しております。
2018年度も表彰を受けました。
お電話でのお問い合わせ

分散材 TGパリックⅡ

TGパリックⅡは特に高N値、高粘着性などの鋭敏性を持つ粘土に対して有効とされる塑性流動化材です。泥土圧シールド工法による掘削などにおいて対象となる粘性土地盤の特性は地域によっても様々であり、過去における地盤層構成段階において加わった力学抵抗により得た電気的要素による粘着性など、掘削より排出工程において低力学抵抗による減摩効果、自立性による不分離化などの効果を低濃度領域において発現させることのできる画期的分散材です。
泥水シールド工法において、シルト・粘土層及びコラム掘削時における泥水の著しい粘性上昇に対して粘性低下効果を持ち、余剰泥水の処分量を低減させることができます。

 

TGパリックⅡ 特徴

●泥土圧シールド・流動化処理工法などの流動輸送工程において、TGパリックⅡの分散効果により流動性を促進します。

●高N値・高粘着性質の粘性土地盤掘削時においてのカッタートルク圧上昇・チャンバ-閉塞などの付着防止効果・剥離性にも優れます。

●分散効果に優れているため、注入率を下げることが可能であり排泥量も抑えることができます。助剤としてTGジェルを併用することで掘削土の泥水化を防ぎ、まとまり感のある良質な掘削土に改良できます。

●付着防止効果に優れているため、ポンプ圧送の現場(粘性土掘削時)にも適しています。

●流動化処理工法などの注入工程時においても固結化の抑制・流動性促進などの効果にも適しています。

●泥水式シールドにおける泥水の粘性上昇に対して粘性低下効果を持ち、余剰泥水の処分量を低減させることができます。

 

TGパリックⅡ 性状規格

外観 白色粉末
PH 7.0~9.0
荷姿 20kg袋・1t袋・10tジェットパック車

 

泥土圧式シールド掘削時のTGパリックⅡ添加量

TGパリックⅡ 3.0~10.0kg/m3 TGジェル 1.0~2.0kg/m3

高N値の土塊に対する使用例

 
TGパリックⅡ単独使用
低注入率において
土塊を分散化させることが可能
  TGパリックⅡ+TGジェル併用使用
極度に泥水化することなく
良質の排出土に改良できる

 

TGパリックⅡ 粘性低下効果

泥水における粘性低下効果

セメント混入における粘性低下効果

No. セメント
(kg/m3
TGパリックⅡ
(kg/m3
PH FV値
(秒)
1 0 0 7.5 32±1
2 8 0 8.5 102±1
3 8 5 8.5 30±1
4 6 8.5 27±1

 

カテゴリーの一覧へは、ブラウザの戻るボタンでお戻りください。

製品の技術資料、製品データ安全シート(SDS)、規格表、分析表(試験表)、
第三者機関分析についてはお問い合わせ下さい。

メールでのお問い合わせはこちらから
PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償提供されているAdobe® Reader®が必要です。

 

このページの上部へ