製品情報

NETIS登録製品

東日本事業グループ 取扱商品一覧

※当社はユニセフ・マンスリーサポートプログラムに参加しております。
2018年度も表彰を受けました。
お電話でのお問い合わせ

一液性摩擦減少剤 SRU-1012 TYPE-Ⅱ

近年、推進工法において大口径、長距離、急曲線等の推進増加になっております。
それに伴い推力の低減等を求められる滑剤が必要となります。

当社の滑剤SRU-1012 TYPE-Ⅱは上記の様な現場での対応が出来る一液性摩擦減少剤です。

 

性状

外観 白色粉体・液状の混合
成分 ポリアクリル酸系樹脂・減摩オイル
比重 0.96(作液後)
pH 7.2±0.5
荷姿 15kgダンボールケース(3kgポリ袋×5袋)

 

添加量

SRU-1012 TYPE-Ⅱ
(200l当り)

(200l当り)
粘性mpa・s 摩擦減少率
(未使用を100として)
3kg
198l
2,000
68%減

 

特性

●地層と布設管との摩擦抵抗が著しく減少する。

●200l配合で3kgと軽量で作業性が良い

●作液時間が5~10分と短時間で作液できる。

●地下水等による希釈に大変強い

 

作業手順

(1)ミキサーに清水を198l添加する。

(2)多少、分離していますので均一になるまで全体を混合して下さい。

(3)少量ずつ添加する。

(4)5~10分程度撹拌した後、ミキサーを止めて下さい。

(5)圧送開始。

 

摩擦減少率測定方法

○テストピース コンクリート製 3.32kg

○ばねばかり 5kg用

モーターにてリール先の糸を引っ張り、テストピースが動いたときのばねばかりにかかる荷重の最大値を測定する


カテゴリーの一覧へは、ブラウザの戻るボタンでお戻りください。

製品の技術資料、製品データ安全シート(SDS)、規格表、分析表(試験表)、
第三者機関分析についてはお問い合わせ下さい。

メールでのお問い合わせはこちらから
PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償提供されているAdobe® Reader®が必要です。

 

このページの上部へ